京石174のうろうろとスマホアプリ紹介

好きな場所と道草、スマホアプリなどについて思った事を書いてます

年末年始こそプチ禁酒が大事、宴席でもハメを外さす長期戦に備えよう

あきらかに年末年始は飲みすぎの人が多い

f:id:kyogoku174:20181204184337j:plain

 

 

この時期から普段、そこまで飲まない人でも、

何処かへ出向いて、みんなで飲み屋や友人宅をうろうろするのが楽しく、

信じられない位の酒量を飲む方も多いのではないでしょうか?

 

年末や新年に社会人だと会社の忘年会に新年会に歓送迎会、

学生では2学期終わりの冬休み前のクラスやサークルでの打ち上げ、

小中学校時代の飲み会に、趣味の集まりでの忘年会に、

クリスマスに、年越しの鍋などの家族パーティ。

好きな人はネットオフ会や、

コミケサークルの打ち上げ…なんてのもありますね。

…で、その勢いで正月を飲みあかして、

仕事や学校の開始時期には新年会ですから…。

 

お酒が好きな人にとっては、この時期は、

まぁ、正直 飲み過ぎ です。

 

日ごろの晩酌が習慣の人はこの二月は要注意

普段から、結構好きでお酒を飲んでいて、

全ての飲み会にお酒を飲んで参加するなどをすると、

本気で具合悪くなり、

病院で医師に見せると急に内臓の数値が悪化したりと、

結構洒落にならない事があります。

 

普段とはまた違ったお酒との付き合いや、

考え方を学ぶいい機会かも知れませんね。

 

最近は年末年始は晩酌などは、ほとんどしないようにしています。

 

要するにプチ禁酒というか、飲み会に備え家で長い休肝日の設定ですね。

 

飲まない日を設定するのも、年末年始は、かなり助かった印象です。

晩酌だと一日2缶でもストロング系はかなり多いらしいので、

飯時、飲み物が水だと寂しいので最近はオールフリー多めですね。

  

飲み会で絶対イッキしない、間違っても援護射撃しない

今から15年前後前は、会社や学校のサークルによっては、

必ず、最初の飲み物はアルコールで、(主にビールですね。)

180ml程度のコップであれば、

飲み干す

のがマナーでした。女性であってもお酒に弱くて、

他はソフトドリンクでも最初の一杯は、

かなり一流の企業や学校、結婚式などでも暗黙のルールとしてあって、

ちょっとした儀式みたいな感じでしたよね。

 

それこそ、偉い人の中には

「俺の酒が飲めんのかー!」(アルハラ

って人、結構いましたよね。今じゃ大事になるだろうな…

 

今ではイッキ扱いです。相当危険な行為扱いで、

警察沙汰や出入り禁止行為にもなりかねないマネゴトなのですが、

当事を懐かしんで、やり出すとノリが止まらなくなるのが、

古い時代の友人・知人と会う事の多い、この時期です。

 

その時は問題無くても、

後で確実にボディーブローのように利いてくるし、

飲んだ相手の関係者の覚えも非常に良くないので、

絶対にイッキを他者にノリでも勧めない、自分も受けない!

 

可能な限り他の人が、やりだしても、

止める事を心がけるようにしてください。

 (かつて、お決まりだった掛け声の、「あんたの強いとこ見てみたい!」は、

禁止してる飲み屋もあるそうです。)

 

この風習している人は、もう30代を超えている年代と言う事もあり、

180mlでも即流しは危険行為です。

 

年末年始、酒好き、飲み会好きにとって、

楽しみでもある反面、危険な時期。

飲み会のお代を飲み放題の酒で元を取るまでかっ食らう!!

なんて事をしないように体を労わりながら楽しみましょう。

2001年の11月に行ったインターチャネルのイベント

2001年11月18日の日曜日、
NECインターチャネルファン感謝デーちょっとだけスペシャル2!!

 

 

これ以降、センチメンタルプレリュードのイベントはありましたが、

当事から最後のイベントとの噂もあり、

2019年の今回のイベントまで、ほぼセンチメンタルグラフティでは、

最後になってしまったイベントです。

17年前に最後の記念にと、行ったイベントになります。

 


当事、文化祭の打ち上げに行った帰りで、前日はなんと徹カラ!

ホントはこのイベントの為に帰る予定だったんですけど、

終電を平日の日程と勘違いして、

すっかり経ってから気付いてどうしようも無かったりした日でした…。


目が醒めると既に2時!

慌てて上着を着込んで有楽町の東京国際フォーラムに直行!!

多くのイベントがこの時代には、東京国際フォーラムで開催されていたので、

ゲーム系のイベントはハシゴする事も結構できたのが懐かしいです。


2時半…、開場インかなり寝坊しました。

すっかりイベントも始まってしまっていたにも関らず、

まだ物販関連は何も問題無しと言う状況で、

やっぱり発売から一年経つと多くのタイトルが、

忘れ去られていくのだなぁ・・・としみじみ感じました。

 

ただ会場に、センチメンタルバカ一代と描いたほのかのハッピ着た男性が居て、

驚いた記憶があります。何者だったのだろうか?あのヒトは…

 

あと子連れのお母さんが結構居てびっくりしました…。

 

しかも恒例の福引に並んでてかなりマジな感じ、新鮮でした。
この福引、当事恒例にしていたグッズを買う時に貰える購入券の他に、

ゲームの帯封(NECインターチャネルが出したゲーム)を持っていくと、

福引できる今の時代にも繋がっているようなミニゲーム的な要素もありました。

また、今はなくなってしまったアルケミストと言う企業があったのですが、

各キャラクター全員(12キャラ分)の腕時計などを販売しており、

当事の価格で15000円、結構当事から強気だったんだなーと今も感じています。

フルコンプだと何と時計だけで当事18万円しました。

今でもこういう物の平均的なグッズ購入額って、2万ちょい、

と言うことを考えると相当な冒険をしていたタイトルだと思います。

 

空前のテレホンカードブーム!

当事はキャラクターテレカを購入する事が流行していて、

50度数の500円テレカが1500円で飛ぶように売れていた事があり、

今にして考えてみると驚きますね。

 

小さなイベントでもトークショーに有名声優さんが来ていた


また当事、AIRと言うタイトルもとても流行していた事もあり、

トークショーに亡くなった名声優の川上とも子さんが来られていました。

壇上でゲーム内外での声優活動はもちろん、

それ以外のゲーム製作の中でした事など、

様々な事を話してくれて、新鮮だったのを今でも覚えています。


そして、最後に当事のセンチのトップ陣であった多部田氏が登場、

作った声で声優参加もしていて、かなりハイテンションな声が聴けました。

 

帰る前に様々な物をチェックしました

トークショーの後、物販で最後に自分も福引に挑戦。


カラン!カラン!!
「おめでとうございます☆1等です!!」


特賞ではなかったのですが、この日は珍しく引きが良くて、

かなり遅刻した割には物販も買え、1等をゲットして満足して帰りました。


この後、センチメンタルプレリュードを題材にしたセンプレメールチャムと言う、

メールを返信してくれるゲーム連動型携帯コンテンツの中で、

前作ともタイアップしたイベントを考えてくれていたようなのですが、

これだけはついにテスト版のまま終わってしまったのは残念でした。

 

来年2019年の1月19日のイベントも久しぶりに盛り上がる事を期待しています。

 

sentimental20th.com

センチメンタルグラフティの20周年記念LIVEがあるそうです

自分があちこちを歩き回るのが好きになった理由の一つであり、

家庭用ゲーム機、セガサターンを買う理由にもなったゲーム。

 

1997年から何度もの延期を繰り返し、1998年1月22日に1を発売。

次の作品である2は2000年に3回の延期をして2000年7月27日に発売したタイトルです。

 

今年、2018年に初代センチから20年の月日が流れたとの事で、

計画されたイベントがこちら

 

sentimental20th.com

 

ツイッターなどでも、紹介されています。

また、ツイキャスにてかつての声優陣による番組収録もしています。

twitcasting.tv

 

まだライブ履歴も残っているので、見てみると、

知っている人には、とても懐かしい内容の番組が見られます。

 

さて、このセンチですが、ゲーム内容自体も方々へ行く初代や、

天河という架空の街をうろうろと歩きまわるなど、

場所をテーマにしたゲームなのですが、

(後に発売された姉妹作品のセンチメンタルプレリュードを除く)

歩き回るという意味では実際のリアルでも方々へ歩かされたタイトルでもありました。

 

とにかく、イベントが多かったのを覚えています。

東京ゲームショーコミケなどの大きなサブカル系のイベントに参加するのも、

勿論あるのですが、今で言う声優LIVEやファンイベントの走りのような物を、

この作品は初期のころから行っていて、

首都圏では特に秋葉原や有楽町の東京国際フォーラムでイベントを行っていました。

 

当事のファミ通や電撃などのゲーム雑誌では、

頻繁に内容を取り上げられていたタイトルではありましたが、

今のようにインターネットや携帯電話の発達した時代ではありませんでした。

大手企業にも公式ホームページなど無い会社も多く、

個人だと携帯電話ではなくポケベルを持ち歩き、

インターネットは電話会社やプロバイダと深夜だけ使い放題になるプランを選択して、

ネットサーフィンをする時代でした。

そのために、プロモーションと言う意味では、

場所を使ったイベントを多数企画する事が、

作品の認知度を上げるもっとも大切な行動だったのかも知れません。

 

特にイベントの中では、センチ2発売後、1年後の2001年11月18日に開催された

 

NECインターチャネルファン感謝デーちょっとだけスペシャル2!!

 

が特に印象に残っていて、今でもたまに思い返します。

当事の記録を残していたので、

またの機会に当事の事も書きたいと思います。

 

よく考えてみると当時、

NEC傘下の会社でセンチメンタルグラフティは、製作されていたんですよね。

後になって様々な会社にセンチの権利が移行しており、

どこが権利を持っているのかも当事の熱心なファンでも細かい所は、

わからない状況にあり、20周年を実現できたこの企画は本当に凄いと思います。

 

逆に今回のイベントはイベントの開催自体が、

クラウドファンディングを利用しての開催。

プロモーションがツイッターツイキャスTV、

シシララTVなどのインターネットを主軸に展開。

当事のファンもコメントなどを通じて要望を伝えるなど、

とても現代風になってイベントを開催しています。

こういう所で差をつけると言うのは、とても面白いと思います。

 

 

自分もトークLIVEには応募しました。今から楽しみなイベントです。

 

 

古いスマホは下取りに出さない方がいい

スマートフォンの下取り手続きは正直めんどくさい

機種変更をすると、以前のスマートフォンはどうしますか?

と言う事を聞かれます。必要ないという旨の事を話しても、

DOCOMOに関しては規則のようで必ず下取り関連の封筒が送られてきますが、

 

これが非常にメンドクサイ・・・

 

まず第一に転送はできません。

家族でも受け取りはできません。

たとえ自分本人でも身分が証明できないと受け取れません。

いわゆる、本人限定受け取りの指定です。

(免許などを持ってなくて、フリーターなどで職場証明もなく、

マイナンバーも何処行ったか判らないと言ったケースではどうするんでしょうか。)

 

こんなの受け取りたくないわ・・・ってなります。

 

また正直下取りは、メリットがあまりありません。

警察などの公共機関でもないのに職業は聞かれる、

大して見返りもない、

ある程度スマートフォン動作検証ができない人だと理解できないような、

細かい要素まで問われ、同意書にサインを求められるなど、

もう中身見るだけで、どよーんとしてしまうような、内容でした。

 

ポイントアプリを当時持っていた人は絶対に持っておくと良い

あるアプリを入れて、それを経由して、

スマホにゲームやナビゲーションなどのアプリを導入、

または動画の閲覧などをすると、

換金性のあるポイントが手に入るアプリをポイントアプリと言います。

 

条件として、動画を見きることやチュートリアルのクリアや、

公式での最高評価の対価になっているものも多いのですが、

現在、iPHONEのアップルもAndroidのグーグルも、

ポイントアプリには、あまり良い評価をしておらず、

再インストールはできない状況にあるものが多いです。

(ポイントサイトに関しても、

大手では規制が入っているようで以前ほどの活気は無くなってしまいました。)

 

 

アプリインストールであればハシビ6世や、

hashibi6.jp

 

動画閲覧であればみちゃうが有名です。

 

app-liv.jp

 

ただ、2018/10/31、現在どちらも配信が停止になっています。

 

特にみちゃうに関してはぶっちゃけ、配信内容自体は見なくても、

数分スマホ内で動画を流していれば、ポイントが5円ずつ増えていく仕組みで、

めちゃくちゃおいしいポイントアプリだったので、

落とせなくなって残念だったので、今アプリをもっている人は、

機種変更をしても、以前のスマホに入れっぱなしにしておく事をおススメします。

(ぶっちゃけ、下取りより全然稼げちゃいます)

 

ハシビ6世もかつてチュートリアル案件がある時は、

一日で3000円近くのポイントを落とせる時期もあり、

結構嬉しかった記憶があります。

 

現在は配信が認められなくなった影響からか、

大分ポイントが下がってしまいました。

それでも、たまにおいしい案件があるので利用させてもらっています。

 

ポイントがらみのお金が関連してくるアプリやサイトには、

現在、どこも目を光らせています。

これからも、この手のアプリは配信が無くなって行く事が予想されます。

 

現在ポイントアプリを持っている人は、

機種変更などをした際には、前のスマートフォンを処分せず、

家でのwi-fi無線LANなどを利用して、

ポイントアプリを使うと下取りよりもお得だと思います。

 

また、ポイントアプリは間違ってアンインストールしないように注意してください。

復旧ができません。(筆者はこれで結構凹みました…)

 

 

iOSの更新時期は機種変更の時期かも?

結局粘っても古いものは古い

精密機器ですから、いつまでも同じものを使い続けるのは無理です。

現状iPhone5s以下の性能のiPhoneで、iOS12以上を使うのは最早不可能に近い!

この事は色々と痛感させられました。

 

対策を考えるのも時間もお金もかかる

今回の件で一番思い知ったのはこれでした。

バッテリーは正規店で購入すれば、万近いお金がかかりますし、

いわゆる「街のスマホ屋さん」と言われる我々のスマホを、

バッテリー換装は勿論、独自のルートで液晶画面の換装や、

ダウングレード、厳しい状態のパーツの修繕なども、

格安で引き受けてくれる業者さんがいますが、

ほとんどのお店が「保証」はしてくれません。

すぐに壊れたら壊れたっきりで、何もしてくれませんし、

 

街のスマホ屋さんで一度直してしまうと、アップルの保証が無効になってしまいます。

(これが痛い…)

 

やはり計画的にバッテリーは交換して貰おう!

 

なので結論からすれば、

機種変自体は4年に一回くらいで定期的にでも良いと思います。

大手キャリアはどこも最新機種の一つか二つ前の機種料金に関して、

相殺してくれるプランがあり、最新の最高クラスの物さえ買おうと思わなければ、

そのキャリアを維持するならほとんど価格は変わらない現実に気がつきました。

また正規の「保証」もつけているなら、

Apple 製品限定保証、AppleCare+を毎月お金払っているなら)

アップルの方でまだ使える状態でもバッテリーの磨耗早いなー、

不便に感じます!と言えば一回は期間内無償で交換してくれています。

 

期間ギリになったら、一回はお願いするのがありだとも今回、

勉強になりました。その際、シリアル番号の照会が必須になるので、

バッテリーが死んでしまうと立ち上がらなくなる恐れがあるので、

自宅PCやアナログ媒体にメモを残すのも結構に大事になると思いました。

 

ちなみに確認法は、

「設定」-「一般」-「情報」-シリアル番号確認

で確認できました。あとは、

お店(一般のキャリア店ではなく、アップル関連のお店です)に行くか、

郵送ですけども、実際に症状を口頭で言えた方が安心すると思いますので、

Apple Store 直営店、アップル正規サービスプロバイダと言う、

修理請負可能のお店を調べてから修理以来をすると良いと思います。

 

iphone-report.sakura.ne.jp

 

ちなみに5Sのバッテリー修理はもう無償交換期間外になってしまっており、

support.apple.com

 

たとえ、機種変更をケチっても8800円バッテリーがかかると言う泣きそうな、

状況だったので、修理はしないで正解だったかなと思ってます。

(月々の料金プランには、ほぼ変更点がないので事実上、機種変のが安い)

複雑な世界ですよねー。

 

 

私のような不精癖がある人はご用心!!

 

さて、ここまで調べても私は、「それでも機種変更は嫌だー!」

って実は思ってたのも事実です。

 

その理由は

スマホの再設定がめんどくさすぎる

でした。ですが、不精な人にはすごく残念な話なのですが、

基本、販売を中止までしている古い機種はバッテリー交換は総換えになり、

スマホのデータは消滅します!

(ただし、販売中の物は意図的に消されることは、基本ありません、

また業者はパーツがあるので古いスマホも削除無し換装してくれるケース多し)

 

なのでiCloudなどを利用したバックアップ手順はどちらにしても、

現代では覚える必要はあると痛感しました。

 

今、iPhone8に変えるメリット②

今回購入したのはコジマ

最終的にコジマさんの販売員さんから購入、

事務手数料は取られましたが、iPhone8の残りをなんとかゲットしました。

性能も格段に向上している事もすぐわかり、大満足でした。

 

店舗一覧|くらし応援コジマ

 

前回、docomoオンラインショップでのiPhone8を買うのを諦め、

家電量販店にて買うことを決めた自分でしたが、ここでも結構大変でした。

 

まず、都市部の家電量販店のお店も既に完売している

 

同系列のビックカメラさんにも行ったんですが、全滅している所、多かったです。

これには本当に参りました。

 

最近ではインターネットを中心に話題になっている、

各キャリアのお店の頭金と事務手数料の高さ、

 

もっとも安いとされている各キャリアのオンラインショップでは、

すでに再入荷が未定になっており、かなり探すのに手間取りました。

 

また家電量販店では同じ系列のお店でも、

頭金0円で買える代わりに課金アプリや一部条件付課金アプリに入れなければいけない

条件のお店では買わない事を強くお勧めします!!

 

前回、5Sを買った時に本当にこれには苦労しました。

生涯最初に買ったスマートフォンであった事や、

当事は携帯の契約やアプリについてあまりにも私は無知で、

特にメリットもないのに、そんなモノなんだろうなと、

「ご協力願います!」と強く押して来る販売員の方に負け、

ありったけのアプリを入れてしまったのですが、

(一応、最初購入時の7週間は完全無料と言う条件がついていました)

 

いざ、期限ぎりぎりになっても、スマホの知識に疎い自分のような人間だと、

 

退会の仕方がわかりません!!(泣・・・

 

いくつか簡単に退会できるアプリもあったんですが、

そもそも一定の条件化で無いと退会の表示が出現しないとか(これには驚きです…

ネットで検索して、再度docomoショップ行って…と、

やっと全てのアプリを退会した頃には3000円近くお金をすてていました。

 

権利関係もiPhoneは結構複雑で、docomoとアップルとアプリ製作会社、

この関係だけでも、こじれる事が多くなるので家電量販店で、

 

「アプリと引き換えに安くなる!」

 

と言う形での契約は正直、しない方が無難ですね。逆に退会の仕方をミスって、

割り引き対象にならないってケースも結構あるみたいです。

 

今は、8買うならコジマが在庫もあり、知らないアプリを入れる必要もなく、

頭金0で買えるコジマさんが店舗購入なら、お得なんじゃないかな、と考えてます。

 

 

一つの電子機器を大切に使う時代からの時代の移り変わり

 

今回の事で自分自身も考えたことは、もっと早くに購入方法を色々と知り、

契約の細かい要素を調べれば、不便をしながらでも、

使い慣れた携帯電話を使うより、遥かに快適に暮らす方法があるんだと言う事でした。

 

もっと、オンライン通販や、

月々サポートなる存在の意味をもう少し理解すべきであったと反省。

身近で常に使うものの事は常に様々な視点で勉強しなければなーと痛感した、

携帯のバッテリーが使い物にならなくなり、あたふたした一ヶ月でした。

 

また、前の携帯も使えるならゴミではない事や、

どうしても先々も使いたい時の修理について次回ふれたいと思います。

 

 

今、iPhone8に変えるメリット①

先月の前回、iPhone5sの近年のiOSへの適応力の低さ。

(5sはiOS12にはしてはいけませんね・・・)

 

バッテリーの弱さにヘロヘロになってまして、

ついに新しく機種変更しました!!

 

いやー・・・快適です。今までの苦労が嘘のよう。

 

今回買ったのはiPhone8。

 

f:id:kyogoku174:20181022155510j:plain

自分で液晶保護フィルムを買って貼ったのは失敗でした…

気泡だらけに(T_T;)

 

近年ではAppBank Storeが無料でとてもきれいにフィルムを貼ってくれるので、

このサービスが一番おすすめかと思います。

都市部の人限定になってしまうようですが、プロの方が貼ってくれるので、

正確に貼ってくれて、かつ無料なので、筆者のような不器用な人には最適です。

オンラインで買うのも良いですがお店で選んで…と言うのもありですね。

おすすめのフィルムも教えてくれるようです。

 

www.appbankstore.jp

 

スマートフォンは買い方で大分料金が変わる

 

当方、docomoキャリアなので最初、docomoショップに行きました。

いやー…頭金高いですね…。

10000円を超えるお金に、事務手数料を別途支払うと言う事でしたので、

ケースやシートも買うとなると、手持ちに余裕がなく、一旦は諦めることに。

 

また、最初はiPhoneⅩを買うことを考えていたのですが、

近年、分割で買う場合、10万円を越える携帯は年収や信用情報を事細かく聞かれ、

また勤め先なども確認することもする時があるそうで、

(電話などをするケースやお店もあるそうです。)

 

怖くて辞めました。これだけ販売員さんも推してくる商品なのに審査厳しいのですね。

 

調べると、10万以下では審査はよほど問題がある人で無ければ、

分割購入も、ほぼ無審査に近く、

現状では条件をつければほとんど本体価格無しで変えるiPhone8を、

購入しようと考えました。

 

基本的に10万円以下のスマートフォンを買う事が、

こまかい信用情報を聞かれない最適な手段です。

法律の問題なども絡んでくるようなので、

あまりユルい分割方法は正規購入では現状ないみたいなので、

10万円未満のスマホはこれからニーズがどんどん高まってくると予想されますね。

 

 

頭金や事務手数料が嫌ならdocomoオンラインショップが一番良いのですが

www.mydocomo.com

 

実はこのドコモオンラインショップ、売り切れが多いのです…。

どこの街中のドコモショップも頭金や事務手数料を要求してくるので、

いろんなユーザーさんが情報を収集して、

オンラインでの購入を選択。

頭金無料、事務手数料無料での購入が正規購入で可能になるので、

ニーズがすごい数になっているそうです。

 

人気の機種はあっという間に完売してしまいます。

審査不要のiPhone8以下のスマートフォンはアップル社も再販に意欲的でなく、

買うこと自体がすでに困難になってしまってます。

悲しいですね…。

 

他社もオンライン購入が圧倒的に安い

 

onlineshop.au.com

 

www.softbank.jp

 

他社さんでも、オンラインショップは頭金や事務手数料が無い事や、

店舗で待たされる事が無いと言うメリットもあり、

人気が集中してしまい、完売商品も多いのが難点。

(特にauさんは頭金がかなりお高かめと言う事で相当オンラインを使う人が多いとか)

 

 

 

そこで今回考えたのが、家電量販店で買うと言う選択でした。

結果的にdocomoオンラインよりかは少し高めになってしまいましたが、

それでもかなり割安で買えたので、次回触れようと思います。